\日経ウーマン9月号に掲載されました/
料理も「見た目が9割」

生活レベルも落としたくない、旅行にも行きたい、とにかく我慢したくない。
節約してるの?と言わせるぐらい「気が付かない節約」をモットーに
「気が付いたら1000万円貯まってた」を目指して。

「気づかない節約料理」挑戦中

保険の見直しがしたい!無料相談で分かった注意点と我が家の保険内容

保険の見直し
スポンサーリンク

 

こんにちは、あっちゃんです。

 

子どもが生まれてから、学資保険に入った方がいいのかな?と思い始めましたが、返戻率を見て思いとどまりそのままになっていました。

 

春から復職も控えているので、そろそろ本気で考えないと!と思い保険の見直しと教育費の相談をさせてもらいました。

 

スポンサーリンク

保険の無料相談ってどうなの?

 

私が申し込んだのはテレビCMでも認知度の高い保険の見直し本舗というところです。

 

保険の無料相談窓口は検索すると沢山出てきます。

私は保険の相談をするのは初めてで、知識も全くないですし、あまり聞いたことのないところは押し売りをされたり不必要な保険を進められるんじゃないか…と少し怖くなってしまい、

とりあえず保険の取り扱い商品数も豊富な大手に相談してみよう!ということでさっそく申し込み。

 

申し込み方法はかなり簡単

 

インターネット上から希望の日時を選択して申し込みをし、その後電話で日程調整を行い自宅に訪問してもらいました。

 

保険の無料相談

 

 

ここまでかなり簡単でしたが、

ひとつだけ私が「やっておけばよかったな~」という後悔ポイントがあるのでご紹介します。

 

 

申し込み時には、必ず家族の年齢まで細かく書くこと

 

プランナーさんは申し込み者へのおすすめプランを事前に作成し資料を持ってきてくれます。

私は家族構成しか書いていなかったので、概算のプランになってしまい、詳細なプランをその場で見ることができませんでした。

 

申し込みをする時は、

家族構成、年齢
どのような見直しがしたいか(金額を安くしたい、死亡保障を充実させたい…など)をできるだけ具体的に書く。
何がなにやら分からない状態…という人は、その旨も記載しておく(標準的なプランが知りたい、など)

 

この三つは必ず伝えておきましょう。

家に来てから求めていた内容と違うということになっても時間がもったいないですもんね。

 

 

自分のスタンスを明確に!プランナーさんには正直に

 

色んな保険を提示してくれますが、プランナーさんに気を使って「いいですね」とか「すごいですね」とかいう必要はありません。

金額が高いと思うんだったら「少し高く感じます。生活費を圧迫するのは避けたいので…」と正直に伝えることで、より自分に合ったプランに変更をしてくれます。

 

 

いつもなら「これがすごく良くて…」とおススメされると、

あっちゃん
あっちゃん

「へー!すごくいいですね!(でも高いな)」

と言ってしまう私ですが、そうすると気に入ってくれていると勘違いさせてしまいます。

納得いかないプランで終了してしまう可能性もあるので、そこはとことん話し合いましょう。

 

 

私はとにかく必要のない保険や身の丈にあっていないものを契約するのは絶対にいやだったので、この人は信用できる人か?というのを確かめるために、思い切って禁断の質問をしてみました!

 

「プランナーさんに報酬が入る保険を勧められると聞いたんですが」

 

聞いちゃいました。

 

するとすごい笑顔になって「それ!!めっっちゃ言われるんですよー!」と。。

 

詳しく聞くと、確かに基本給のほかにインセンティブももらえるそうです。

ただインセンティブの出どころは〇〇保険を契約したら〇万円!とかではなく、

純粋に売り上げや契約数で見られるとのこと。

 

 

その方が言うには、「確かに返戻率のいいオススメの商品はあるけど、人によって合う合わないがあって、合わないものを勧めても逆に不信感を与えてしまい契約には結び付かないので、逆効果になってしまう」そうです。

そうすると結果的に、お客様に一番合う保険を勧めることが売り上げを上げる一番の近道になる、と。

 

まあ、確かにそうだなーと思いました。

やたらこの保険ごり押しするやん、という人はなんか怪しいと感じてしまいますもんね。

 

 

 

あっちゃん
あっちゃん

私の場合、プランナーさんの人柄もよくておススメしてくれた保険内容も満足いくものでした。

頭の中もすっきりしたので、

疑ってかかってしまって最終的に何もしないのが一番もったいなかったな、と思いました。

 

 

あ、実際に面と向かって「報酬が入るからこの保険勧めるんでしょ?」なんて言う人はまずいませんので、決してマネしないでくださいね笑

 

 

我が家の保険内容について

 

夫婦の生命保険の変更も検討していましたが、最終的にそれは見送り、

今回は子供用の教育費を貯めるための終身保険を契約することにしました。

 

新しく始めるのが

低解約返戻金型終身保険(外貨建て) 200万円

という保険と、追加で

●つみたてNISA 600万円(主人名義)

も始めることになりました。

 

教育費1000万円を貯める為に

 

我が家の目標は大きく1000万円!

児童手当を全額貯めて約200万円、あと800万円の貯め方を今回決定しました。

 

終身保険の方は10年間で月額16852円、つみたてNISAは月額28500円の予定なので、

月の積立額は45352円。

 

あっちゃん
あっちゃん

子どもを育てるって本当にお金がかかりますねえ。。

 

保険内容については色々な考え方があるので割愛しますが、保守的な我が家にとってはかなり攻めた内容になっています。

 

教育費として使うことがなければそのまま老後資金としてスライドさせる予定です。

 

 

契約する必要はない!家計を見直す道具として利用しよう

 

私は一応FP3級持っているのですが、保険については本当に無知で、考えるのがしんどくて、親に組んでもらった保険をそのまま引き継いでできるだけ避けて生きてきました。(親は保険会社勤務です)

 

そんな私でも、親切丁寧に説明してもらえれば意思決定できるレベルまで理解をすることができましたし、何より子供の為にお金を貯める仕組みづくりを整えるきっかけになりました。

 

もし決まらなかったとしても無料なので(笑)知識だけもらってありがとうございましたでも全然かまわないんじゃないでしょうか。

ゼロやマイナスになることはありませんし、言葉が悪いかもしれませんが、ツールとして利用するにはとても価値がありました。

 

あっちゃん
あっちゃん

無料相談後、勧誘の電話がかかってくると思ってたら全然来なくて拍子抜け。。

自分から契約しますと電話しました(笑)

 

今迷っている方がいたら、家族の将来の為にぜひ一歩踏み出してみてくださいね。

保険の見直し本舗

 

 

 

 

コメント