\日経ウーマン9月号に掲載されました/
料理も「見た目が9割」

生活レベルも落としたくない、旅行にも行きたい、とにかく我慢したくない。
節約してるの?と言わせるぐらい「気が付かない節約」をモットーに
「気が付いたら1000万円貯まってた」を目指して。

「気づかない節約料理」挑戦中

フルタイム主婦の一ヶ月の副業収入(8月度)公開

副業収入8月 収入源を増やす
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フルタイムワーママの副業収入はどれくらい?

 

こんにちは、あっちゃんです。

副業収入を公開し始めてから早くも5月目です。

 

 

7月に引き続き、8月はお盆休みで9連休もいただいたので、

しっかりがんばりましたよー!

 

7月の副業収入はコチラ↓

フルタイム主婦の一ヶ月の副業収入(7月度)公開
...

 

 

 

それでは気になる8月度副業収入はいくらだったのでしょうか。

 

 

8月度副業収入

 

副業収入8月

 

8月の私の副業収入は、、、

146,189

でした!

(この他に会社員のお給料があります。)

 

 

 

連休中に伸びる副業は?

 

 

8月は連休中に伸びる副業を中心に取り組みました。

 

連休がある=世間のみんながお休み

 

ということなので…

必然的にアクセスの増えるのは、

フリマアプリ 

です。

 

 

連休前に一気にメルカリラクマ出品

帰省中に販売(基本ほったらかしでやりとりのみ)

帰省終了後にまとめて発送

 

 

この流れで特に負担もなくスムーズにお取引をすることができました。

 

発送日が遅くなる場合は、説明文に

「発送は〇日予定ですのでご了承いただける方のご購入をお願い致します」

と記載しておけばトラブルにもなりませんし、そういった部分を出品者側で自由に決められるのはフリマアプリの良いところですね。

 

 

また、同じような原理で行くとブログもアクセスが増えるはずですが、

普段からそこまでアクセスがあるわけではないので、

こちらは今までとあまり変わらずといったところでした。(笑)

 

 

あっちゃん
あっちゃん

まだまだがんばります!

 

 

オススメの副業は?

 

忙しい人にオススメしたい副業

 

私がおススメするのは、

ブログ、ライター業、モニター、ポイ活などの、労働力が形として残るもの。

 

「ポイ活」って初めて聞いた!という方はコチラ↓

初心者の為のやさしいポイ活の始め方
ポイントを自力で沢山貯めるのはやっぱり難しい?月5000~10000ポイントをコンスタントに自力で稼ぐ方法を順を追って説明します。

 

こういった副業は、やったらやった分だけお金が手に入る!という確証はありません。

ですが、自分の資産となってずっと残るものを生産する活動になります。

 

●ブログ、ライター資産⇒執筆した記事、提供した情報 ・・・次の仕事につながる力
●モニター、ポイ活資産⇒情報収集力、口コミ力、紹介登録 ・・・体力不要で継続的に稼ぎ続ける力
いぬ
ぽん

モニター系は覆面調査ファンくるや、モニプラをよく使っているよね。

???
忙しいのにお金が手に入る確証のないものをなぜやるの?

 

あっちゃん
あっちゃん

忙しいからこそ、時間給ではない仕事がおススメなんですよ。

 

 

例えば会社員で働いていて、時間に大幅な制限のある人が副業として時間給の仕事を始めたとして…

(例えば深夜のアルバイトとします)

すぐにお金を手に入れることができますが、それと引き換えに固定の時間を切り売りするということになります。

それはつまり、時間の切り売りを辞めればその時点で収入はゼロになるということですよね。

 

 

その副業でずっと稼ぎ続けるには、ずっと自分の残された貴重な時間を差し出し続けなければならないということになります。

 

あっちゃん
あっちゃん

目の前のお金を手に入れるには一番手っ取り早い方法ですが、

長い目で見てやり続けるのは難しいかもしれません。

 

 

すでに会社員としての収入があるならなおさら!

安定した収入にプラスして、少しずつ自分の収入を増やすシステム作りができる環境にあると思います。

のっぴきならない状況で今すぐ現金が必要!という方は、すぐに定職に就くことをお勧めしますが、時間がないサラリーマンやスキマ時間で少しでも収入があれば…と考えている子育て中のママにはやはりモニターやポイ活、ブログ等が適しているように感じます。

 

 

 

とはいえ、ポイ活やブログには向き不向きもあります。

合わない方もいると思いますが、そんな方も今は色んな副業が世間にあふれていますので、

ぜひ自分にあった副業を探してみてくださいね。

 

 

コメント