\日経ウーマン9月号に掲載されました/
料理も「見た目が9割」

生活レベルも落としたくない、旅行にも行きたい、とにかく我慢したくない。
節約してるの?と言わせるぐらい「気が付かない節約」をモットーに
「気が付いたら1000万円貯まってた」を目指して。

「気づかない節約料理」挑戦中

3年間で〇〇万円。子持ち共働き夫婦の貯金額推移

3年間の貯金額 ひと月25000円の食卓

30代共働き夫婦の貯金額公開

 

 

こんにちは、あっちゃんです!

 

 

2019年度末、恒例の年間貯金額の集計をいたしました。

 

 

年間貯金目標額

 

3年前、0円から始めた貯金。

 

私の方の収入を全額貯金する!というのを目標に、年間250万円貯金を目指してがんばっています。

 

2016年にマイホームを頭金ゼロ円で購入して貯金が完全に底をつき、毎月のカードの支払いにおびえる日々。

お金が入ってきてもすぐに支払いに消えていき、毎日が息苦しくてしょうがなかったです。

 

あっちゃん
あっちゃん

2017年から心機一転、「貯金するぞー!」と始めてからはや3年が経ちました。

 

 

 

2019年度貯金額

 

では早速、2019年の貯金額の発表です。

 

 

1年間の貯金額は、、、

2,570,362円

でした!!!

 

 

あっちゃん
あっちゃん

無事に今年も達成いたしました。。。

 

 

貯金額推移

 

ここ3年間の我が家の貯金額の推移です。

貯金額推移

 

危うい年もありましたが、今のところ毎年達成をできています。

 

念願の1000万円もやっとしっぽが見えてきたというところ。

逃がさないように必死で追いかけようと思います笑

 

 

 

我が家の年収の現状

 

よくメッセージをいただくのは、「旦那さんの年収が多くてうらやましい」「小さい子供がいて働けない」ということです。

 

実際の我が家の年収ですが、そこまで飛びぬけて多い!ということはありません。

実際貯金を始めた頃は夫婦で手取り550万円程度でした。

 

主人350万円、私200万円ぐらいと考えれば、フルタイム正社員共働きのご家庭の場合もっと稼いでいるところは多いと思います。

 

 

 

ボーナスについて

 

ボーナスの方はというと、年々上昇傾向に…と言いたいところですが、

貯金を開始した2017年から、私の産休育休なども影響しボーナスは々減少傾向にあります。

 

ボーナス推移

 

そして昨年の10月に主人が脱サラをして会社を退職。

個人事業主となり、同じぐらいに私も産休に入ったので2020年はついに年間ボーナスはゼロ予定!

 

 

 

我が家の貯金への取り組み

 

貯金への取り組み

 

貯金の為にやったことというと、細かく挙げれば沢山出てくるのですが、大きく分けてこちらの三つ。

 

①固定費を減らして支出を減らす
②副業などで収入を増やす(節税で手取りを増やす方法を含む)

 

 

 

①固定費を減らして支出を減らす

 

各項目に関しては別記事にて詳しく解説をしています↓

 

②副業などで収入を増やす(節税で手取りを増やす方法を含む)

 

 

 

まとめ

 

少しでも強い家計作りを!と3年かけて家計の見直しに取り組んできた中で、今年まさに「ぶれない家計」が実現できているかを試されている感がすごいです。

 

 

あっちゃん
あっちゃん

ボーナスが無くても、何が何でも目標金額達成したい!

 

 

 

 

2017年と比較して120万円も年収が減り、さらに子供が2人増えている現実の中、どこまで健闘できるかはわかりませんが、

夢の1000万円目指して今年も引き続き突っ走ります!

 

 

コメント