\日経ウーマン9月号に掲載されました/
料理も「見た目が9割」

生活レベルも落としたくない、旅行にも行きたい、とにかく我慢したくない。
節約してるの?と言わせるぐらい「気が付かない節約」をモットーに
「気が付いたら1000万円貯まってた」を目指して。

「気づかない節約料理」挑戦中

猛暑で電気代が急上昇!エアコン代を劇的に節約する3つの方法を実践してみた。

エアコン 太陽光発電で稼ぐ
スポンサーリンク

今年はかなりの酷暑で、毎日体温と同じような気温が続いていますね。

我が家は電気代を減らすために太陽光発電を設置してかなり負担が減ったのですが、賃貸に住む人には物理的に難しいですよね。

 

エアコン代を劇的に下げるには、1つのことをやっただけでは効果は薄かったです。

今回3つの方法を実践してみたのですが、我が家はこの合わせ技で、電気使用量モニターの数字が目に見えて急落しました。

 

 

①エアコンフィルターの清掃

 

②サーキュレーター、扇風機の設置

 

③室外機カバーの設置

 

 

いぬ
ぽん

うちは扇風機を上向きにして部屋の空気を混ぜるイメージで使っているよ。

冷えた空気が肌にあたってとっても涼しい!

ボクは室内犬で暑さに弱いから、あるとないとじゃ全然違うんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

③の室外機カバー皆さんもうやっていますか?

「室外機を日陰にする」って、どうやんの?動かせないし。。。と思ってましたが、ちゃんと室外機用のシェードがあるんですね。↓高いのは願い下げなので、これを買いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エアコン室外機 日よけのシート DIY
価格:1780円(税込、送料別) (2018/7/30時点)

 

(風の流れをせき止めてしまうタイプや、覆いかぶさるタイプは熱がこもるのでNGです。)

 

 

うちは家の向きの関係で14時ぐらいからガンガン家の中に西日が入ります。

真夏のお昼でも涼しかったリビングの温度が急に上がり始めて、焦ってエアコンの温度を下げたりしていました。

西日

外の室外機もちょうどそのあたりの時間から日にさらされるようになるので、この影響も多分大きいです。

なので、室外機の日よけを設置して西日が入る前と後で室温と電気使用量の違いを比べてみました。(太陽光発電のモニターがあるので、リアルタイムの電気使用量が見られます)

※その他の条件はできる限り変えずに行っています。

エアコン設定温度27度、

「おまかせ快適」モード

 

 

西日が入る前(室温上昇前)

太陽光 湿度

太陽光発電7.0kw

消費電力0.8kw

 

 

 

西日が入ってきた後(いつもなら室温が上昇してくる時間帯)

太陽光 湿度

太陽光発電6.9kw

消費電力0.3kw

 

 

 

 

・・・どうですか?

 

時間は15分程度しか経っていないので、太陽光の発電量はさほど変化がありません。(この間に日よけを設置しました)

消費電力は…半分以下です。

 

かなりの効果に、ちょっと自分でもびっくり。

 

日よけは簡単に組み立て設置できました。一番手前がリビング用(マジックテープで取り付けるタイプ)↓

設置前↑

 

設置後↑

 

 

削減できた電力の分だけ売電することができ、収入として家に入ってきます。

 

継続して努力しなければならない節約は私にはできないので、最初に少し頑張ってこういう「仕組み化」をしておくと、この先ずっと楽ですね。

 

 

※その他、古いエアコンなら長く使う前提で買い替えるというのも一つの手です。

うちは賃貸の時、18度に設定しても汗がにじむ程度の効きのエアコンを使っていました。

家を建てる時、省エネ性能の高いものに買い替えた結果、真夏でも25~26度設定で常に快適で、電気代もかなり安くなりました。

 

 

 

コメント